学資を捻出しなければいけなくなった場合、奨学金か、教育ローンという選択肢があります。

教育ローンは民間の金融機関が提供している商品で、主に親などが子供のために学資を借りるといった性質のものです。

融資金の用途が最初から明確になっていますので、その分審査は通り安く、金利の設定も低いところが大半です。

比較的借りやすい学資ローンであっても、大きな金額を借りる場合には、相応の信用力が必要になります。

ローンではなく、奨学金制度を利用してお金を借りるという方法もあります。

教育ローンは子の学資を親が借りますが、奨学金は本人の借り入れになります。

貸し付け型で奨学金を利用する場合、利息をつけずに返済ができるタイプと、利息がつくタイプとがあります。

有利子でも民間の教育ローンよりも低い金利が設定されている場合が多いので、より負担が少なく学資を準備できます。

奨学金を利用する場合、貸し付け型の奨学金には連帯保証人をつけなければなりません。

連帯保証人として対象になるのは、申込みをする本人の親になります。

借りた奨学金の返済義務は本人になるものの、最終的に返済ができなかった場合には、連帯保証人がその支払いをしなければなりません。

もしも、社会人になってから大学に入学し、学資が必要になった時には、連帯保証人としての親がいなくても借り入れができます。