民間の銀行による学資ローンは、奨学金や国の教育ローンが借りられない場合に便利です。

金利は民間の方が多少高くなりますが、国のローンと比べると審査はそれほど厳しくありません。

また、公的金融機関から学資ローンを受けるだけでは足りない時に、補填目的で使うことも可能です。

参考書を購入したり、県外に進学した時の生活費として使えるような学資ローンもあります。

受験費用、制服やランドセルのような学用品の購入なども対象となっているので、子どもの教育に関する用途に幅広く使用できます。

海外に留学するためのお金や、寮で生活するためのお金など、学資ローンの用途は広く設定されています。

学資ローンを借入する場合は、収入証明者が必要となります。

職種はパートやアルバイトでも借りられるところが多いようですが、収入が低いと申込み時の審査に通らないことがあります。

また、他の金融機関から融資を受けているという人は、審査の結果に差し障るかもしれません。

多くの場合、親が子供の教育費を確保するために、学資ローンの申し込みをする傾向があります。

返済期間は、銀行によってそれぞれ異なりますが、一般的な完済までの平均期間は3年ほどとなっているようです。

もしも学資ローンを借り入れるつもりなら、完済までの見通しを作ってからにする必要があるでしょう。