高額のローンを利用する場合、担保を用意するという方法があります。

ローンの申込み時に必要となる担保とは、借りたお金が何らかの事情で返済できなくなった時に、代わりの返済手段となるものです。

担保には種類があり、物的担保と人的担保というものがあります。

連帯保証人や、連帯債務者が人的担保であり、不動産や、証券が物的担保です。

返済が何らかの事情で困難になった時には、物的担保は売却費用を返済にあてることになります。

表現の仕方を変えるなら、もしもローンの返済がストップしたら、担保にしたものを売却してもいいです、という前提で契約をするのです。

人的担保と異なり、担保に取った物件が逃げたりしないという利点があります。

評価額の高い担保を使えば借入限度額も高くなりますし、低い金利で借りることも可能で、長期間の融資が受けられます。

担保となる物件は何でもいいというわけではなく、ローン審査の際に担保物件も評価され、それに見合った範囲での融資となります。

新しく家を建てる時には物的担保を使いやすいのは、土地や建物は債権回収がやりやすいためです。

とはえ、担保の審査や、契約を成立させることはなかなか大変ですので、高額ローン会社を相手にした時ぐらいしか使いません。

教育ローンを利用する時や、一般的なローンの返済目的で利用することもあります。