仕事をしていない専業主婦でも、キャッシングを利用したいということがあります。

専業主婦の中には、誰にも気づかれずにキャッシング会社からお金を借りたいという人もいます。

専業主婦を始め、キャッシングを使っている人が多い背景には、担保や保証人がいらないことがあります。

原則収入がある人のみに限られていますので、専業主婦の場合にはそもそも借り入れができない可能性もあります。

救済措置として、一部のキャッシング会社は配偶者の収入を合算することで融資を行っています。

キャッシングを希望する専業主婦がお金を借りる時には、配偶者の同意書や、収入を証明する書類、在籍確認ができるものなどが必要になります。

そのため、専業主婦が、配偶者に一言も言わずにキャッシングを利用するということはまずできません。

アルバイトや、内職をして継続的な収入がえることを証明できる状態にしてからでなければ、自分の名前で融資を受けることは不可能です。

専業主婦が、自分だけの名義でキャッシングを利用できるようになるためには、自分の名義での報酬がもらえるようにして、年収の1/3を借りられるようにすることです。

銀行系では収入による融資額の制限はありませんが、基準は消費者金融系と同じように調整していますので、とびぬけて高額の借り入れをするというのは難しいでしょう。

内緒で借り入れをしたいという場合には、その旨をキャッシング会社に伝えておくとよいでしょう。

事前に頼んでおけば、金融会社サイドも、電話や郵送物がある場合にも、会社名を出さず、担当者の個人名で連絡をするなどの工夫をしてもらえます。