最近は、公共料金の支払いをクレジットカードでも可能というところが多くなっています。

日頃から現金払いで公共料金を支払っている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

口座を指定しておいて引き落としてもらったり、コンビニレジで支払うなど、人によって支払い手段は多種多様になっています。

コンビニで支払ったり、口座から引き落とす時には、クレジットカードのポイントはつきません。

一方、クレジットカードであれば、一括払いに設定することによって、金額に応じたポイントが加算されます。

もちろんリボ払いでもポイントは加算されますが、その分ショッピングの利息がかかってしまいますから、あまりおすすめはできません。

クレジットカード払いで公共料金を支払うことで、クレジットカードのポイントが蓄積されていきますので、お得なカードの使い方といえます。

利用金額に応じて付与されたポイントは、商品券や商品などを交換することができるので、大変便利です。

ある程度ポイントがたまったら、ポイントを使ったサービスを利用すれば、金銭面での出費が抑えられて嬉しいことばかりです。

今の段階で、公共料金を手払いや、口座引き落としにしているという人には、クレジットカード払いがおすすめです。

住んでいる自治体によってクレジットカード払いが可能かどうかは、扱いが異なるので、まずは確認してみることからはじめましょう。

公共料金は定期的に支払わなければならないものなので、年間にすればかなりお得になるはずです。