この頃は、公共料金も、クレジットカードを使って支払えるようになりました。

住んでいる場所の自治体によってクレジットカードが利用できるかどうかは差があるので確認してみましょう。

クレジットカードのポイントを貯める時には、毎月いろいろと支払いが発生する公共料金はぴったりです。

クレジットカードの普及にともなって、利用できる場所も増えてきて、今では公共料金まで可能になってきたのです。

公共料金をクレジットカードで支払うことで、手軽にポイントを貯めることができるのは大勢の人が知るところです。

クレジットカード払いの内容を見てみると、メリットばかりではなくデメリットもあるので、事前に確認しておく必要があります。

公共料金の支払いをクレジットカードで行うことも弱点についても、把握しておくことが大事になります。

多くの公共料金では、口座振替をした場合には、料金の割引という特典が用意されているケースがあります。

これは、口座振替をした時だけ、一定の割合でお金を差し引くというシステムです。

金額としては大したことはなく、50円や100円程度がほとんどなので、ついつい見落としがちですが、割引サービスには違いありません。

クレジットカード払いにしてポイントをもらうか、口座振替にして支払金額を減らすかは、ちょっと比べにくいですが、大事な点です。

公共料金をクレジットカード払いにする時には、口座振替割引の方がお得だったということもあるので、事前によく比較してみることをおすすめします。