携帯電話の利用料金は毎月発生していますが、毎月きちんと支払いができていない人もいます。

もしも、キャッシングの申し込みをしたい時に、携帯電話の支払いを滞らせていると、影響はあるでしょうか。

キャッシングのブラックリストには、携帯電話の利用料金を長期間滞納している人も含みます。

たまたま口座の残高が足りなくて、引き落としが出来なかった時など、短期間の滞納は大丈夫です。

支払わなければいけない日から61日以上、支払いを滞らせた場合には、個人信用情報に異動という情報が残ります。

支払いの請求がされたのに、滞納を続けていることに対して、異動という書き方をします。

個人信用情報に異動という記録がつくと、新しくクレジットカードをつくることもできなくなりますし、新規融資も断られます。

異動がついた人は、新たな融資が不可能になる他、今借りているキャッシングの追加融資なども受けられなくなります。

最初に申し込んだ時に、キャッシング会社は審査を行って信用情報を調べますが、その他にも、今借りているキャッシングもできなくなることがあります。

新たに更新を行おうと思ってもできなかったり、使用中のクレジットカードやキャッシングローンもある日突然、使えなくなってしまう可能性もあるのです。

また、キャッシングの返済を長期間にわたって滞らせているという時も、個人信用情報は記録が残ることになります。

もしも、キャッシングの返済や、携帯電話の支払いを滞らせている時に、携帯電話を分割払いで買おうとしても、契約自体が不可能なことがあります。