主婦でもお金を借りることのできるキャッシングは、多くの人に利用されており、人気の金融サービスとなっています。

以前は、月々の安定した収入がある人でない限りは、金融会社から融資を受けられませんでした。

近年では、キャッシングサービス自体が様々な展開を遂げており、収入がない専業主婦でも、融資可能になっているようです。

けれども、もしも主婦がキャッシングの申し込み手続きをしたいなら、あらかじめ準備しておきたいことがあります。

日本には現在、貸金業法によって総量規制と呼ばれる法律が導入されているため、収入の3分の1までしかお金が借りられないことになっています。

パートやアルバイトなどで一定の収入を得ている方なら問題はありませんが、本人に収入が無い専業主婦の場合は、消費者金融での融資を断られてしまう事もあります。

専業主婦でお金を借りたい場合には、配偶者貸付制度か銀行のローンであれば、利用することが可能です。

配偶者貸付制度とは、配偶者の同意や、収入証明書を提出することで、配偶者の年収の3分の1までの金額を借り入れることができるというものです。

総量規制は銀行融資には適用されませんので、キャッシングを利用したい主婦は、銀行に相談するという方法もあります。

希望額によっては、銀行ならば融資も可能かもしれませんが、それでも世帯の収入があることが基準になることがあります。

申し込みの際、情報に虚偽の記載があったり、既に多額の借り入れをしていると、審査に不利になりますので注意しましょう。

キャッシング申込み時の審査では、利用者が多重債務に陥らないための大切なプロセスでもある為、正直に申請するようにしましょう。