自分の名前はブラックリストにあるだろうけれど、クレジットカードが欲しいということがあります。

多重債務者になるなどして、自己破産や、長期延滞の実績があるとブラックリストに入ります。

もしも、ブラックリストに自分の名前が載っているのなら、新規のローンやキャッシングは断られてしまいます。

もしもブラックリストに名前が載ってしまったなら、その間はクレジットカードの発行も、ローンの利用も、諦めたほうが無難です。

ブラックの人はクレジットカードを所有できないというかと言うと、そうでもないようです。

審査の基準は金融会社によって違いますので、ブラックリストに名前があってもクレジットカードをつくってくれるところはあるのです。

顧客の立場からすれば、ブラックリストに名前があっても構わずクレジットカードをつくってもらえれば嬉しいでしょう。

クレジットカード会社がOKというなら、そのクレジットカードは使えると判断できるのでしょうか。

基本的には、審査をクリアしなければ、クレジットカードはつくってもらえません。

審査は、信用能力のある顧客だと判断された時だけ、通過することができる関門です。

ブラックリスト入りしている人が、クレジットカードの審査に通らないことは、自明のことです。

しかしOKと言う事になっていると言う事は、正しい審査が行われていないと言う可能性が十分あります。

ブラックリストに名前があってもクレジットカードの発行ができると聞くとただ喜ぶ人もいますが、今後のことを考えると申し込みはしないほうがいいのかもしれません。