キャッシングの審査を受けるとき、キャッシングの枠と呼ばれる限度額の設定をします。

申込みをした際に設定したキャッシングの枠内であれば、何度でもお金を借りることが出来ます。

申込時の希望や、審査の内容に基づいて、最初にキャッシング会社が枠を決めます。

こちらの希望より、キャッシングの枠が大きくなる場合もありますが、小さくなってしまうこともあります。

確実に言えることは、総量規制の適用となるキャッシングの場合は、年収の3分の1が借入上限になることです。

手当たり次第に枠を確保すればたくさん借りられるということはなく、どんなに頑張っても年収の3分の1以下です。

キャッシングの審査を受ける前に、すでに総量規制の満額に達している場合は借りることはできません。

総量規制の限度一杯になっている場合には、総量規制の対象外となる銀行や信用金庫などのローンをおすすめします。

審査の結果に基づいて、信用があると判断された人ほど、キャッシング枠が大きくなります。

まとまった融資を受けたいと考えている人ほど、審査でよい結果を出さなければいけません。

絶対に審査に通過したい方、なるべく早く借りたい方などは、キャッシングの枠は少額に設定しておくべきでしょう。

キャッシングの審査で断られる原因の一つに、借り入れ希望額が大きすぎキャッシング枠が追いつかないことがあります。