銀行や消費者金融などからキャッシングするとき、誰でも限度額が設定されます。

審査は顧客の年収、勤務先、勤続年数、過去のキャッシング利用歴などに基づいて行われ、それから限度額を決めます。

初めてキャッシングを契約する人の場合には、キャッシングの限度額は50万円が一般的になっています。

借り入れ上限額以下ならば、限度額以下の借り入れを、何度でも申し込むことができます。

もっと大口の融資を受けたくて、キャッシング枠の増大を希望しているという人もいます。

何をすれば、キャッシング限度額を引き上げることができるのでしょうか。

限度額の増額するための方法は難しいことではなく、とても簡単です。

キャッシング会社からの信用が高くなれば、キャッシング限度額はアップしてもらえます。

キャッシングして借りているお金を期限内に利息を付けて、きっちり返済し続ければ、キャッシング会社の信用を得ることができます。

まずはコツコツと借り、コツコツと返して、キャッシング会社とよい関係を築きながら、限度額を増やしてくれるよう交渉します。

しっかり借りて、きちんと返す、キャッシング会社にとってのいい顧客なら、限度額の増大を持ちかけられたりもします。

総量規制の縛りがあるので、キャッシング会社の限度額は各社合計で年収の3分の1までになりますが、銀行や信用金庫なら総量規制の制約なしに融資が受けられます。