クレジットカードには、支払いの際に利用できる機能だけでなく、お金を借りられるキャッシング機能がついたものが多くあります。

キャッシングにも使えるとなればクレジットカードは非常に利便性が高いように見えますが、金利は高めであることは覚えておきましょう。

金利が高い借入れになるので、クレジットカードのキャッシングを安易に利用するのは気をつけたいものです。

クレジットカードをキャッシングに使う時は、金利は12%~18%程度です。

低金利でキャッシング機能が利用できるというクレジットカードもありますが、一部のカードに過ぎないことは心得ておくべきでしょう。

一方で、キャッシング専用のカードローンの場合、4%から18%程度のところが多いようです。

特に銀行系のカードローンの金利は低くなっており、3%から14%くらいの場合が多くなっています。

高い金利で貸付を行っている金融会社を利用すると、返済の際に加算される利息額が高くなります。

利息を少なくするためには、金利の低い融資を受けられるようにすることです。

クレジットカードはあくまでも支払いに使うのみにしておくのが、賢い方法とも言えます。

借入金額が高額になる場合は、クレジットカードを利用して融資を受けるのではなく、キャッシング会社から借りたほうがいいようです。

インターネットの環境が普及したことで、ネットでの申し込みを利用したキャッシング利用が、ずいぶんとやりやすくなってきています。

クレジットカードのキャッシングは急にお金が必要になった時には大変便利なものなので、用途によって使い分けるようにしましょう。