クレジットカードを持つためには、クレジットカード会社の審査に通らなければならず、中にはカードを持つことが出来ない人もいるようです。

クレジットカードは買い物の際にカード会社が料金を払い、それを後払いするものなので、安定した収入がなければ審査には通らないようになっています。

職業には制限がないため、継続して勤務していれば、安定した収入があると判断されて通りやすくなります。

雇用状態の安定している公務員や正社員の場合はクレジットカードの審査には有利になります。

仕事をしていない人、契約社員として働いているような人は、審査ではマイナスになってしまうようです。

同居家族の収入を審査に加味することによって、その人自身の収入がない場合でも、クレジットカードを発行することができる場合があります。

クレジットカード会社によって審査の基準は異なるため、審査の厳しさにも差があるので、収入が無い人でもあきらめる必要はありません。

クレジットカードを複数枚所持していて、与信枠の上限に達していると審査に通らなくなる場合もあります。

所有しているクレジットカードの利用限度額を引き下げたり、使わないカードを解約して、与信枠の空きを作らなければ、審査に通りにくくなります。

申込みの受付をしたクレジットカード会社では審査の際に、個人信用情報機関の情報を参照して、信用できる人がどうかを判断します。

もしも、以前に債務整理をしたことがある人や、長期の延滞をしたことがある人は、返済能力に不安があるとして、審査の時点で断られてしまいます。

クレジットカードの利用や、ローンの利用が一切ない人がクレジットカードの申し込みをした場合、個人信用情報機関に何も情報がないことを理由に、審査に通らないこともあります。