カードローンには、消費者金融系、銀行系、信販系など、いくつかの系統があります。

低い金利でお金を借りたいという人は、クレジットカードでカードローンを使うという借り方は、やらないほうが無難でしょう。

信販系と、消費者金融系のカードローンには、総量規制という制約があります。

金融会社からお金を借りる時には、総量規制に基づき、収入の三分の一以下を借入金額にします。

まとまった金額を借りたほうが金利は低くなりやすいですが、総量規制があって借入額に上限が設定されると、金利が下がりにくくなります。

銀行系のカードローンの場合は、総量規制の対象になっていないものも多く、収入に応じで100万円以上の借り入れも可能な場合もあるようです。

消費者金融会社で高金利のローンを利用するよりは、信用の高い銀行から融資を受けることのほうを希望する人は多いようてす。

金利面でも、銀行系カードローンで高額の融資を受けて、低金利で大口の融資を受けるという方法が使えます。

低金利で、借入金額が大きいという強みはありますが、銀行系のカードローンは審査のハードルが厳しめだったり、時間がかかるという弱点があります。

お金を借りる時は、金利が低い方が返済はしやすくなりますが、実際に借りた金額によっても、利息のつき方は変動するものです。

金融会社によっては、消費社系金融会社と、銀行系のカードローンとで、金利面にあまり違いがないということもあると言われています。

気になるカードローンがあれば、電話や窓口で事前に相談してみてはいかがでしょうか。