日本の金融市場は他国と比べて遅れているといいますが、無担保融資は可能でしょうか。

この頃は、多くの人がローンを利用しています。

買い物をする時など、高額のお金が動くときには便利です。

キャッシングや、ローンなど、金融商品を使ったことがないという人は滅多にいません。

どの金融機関からお金を借り入れるのかは人それぞれですが、ローンの返済をしながら日々の生活を送っているということができます。

政府系の金融機関が最も審査には通りにくく、民間関係や、消費者金融外資から借りた分のお金は、審査でOKしやすいけれど、高金利ではありません。

闇金融は論外ですが、それ以外の金融機関から融資を受ける時には、個人の信用を担保にして無担保での借り入れが可能です。

ただし、住宅ローンのような大口の借り入れや、希望融資額が大きい事業用資金は、無担保は認められません。

返すあてがあって借りていた金額でも、思いがけないトラブルで返済が滞ることもあります。

その場合、損をするのはお金を貸した金融機関になります。

連帯保証人かついて、万が一のときには返済を丸ごと肩代わりできるという時なら、無担保での融資が得られます。

無担保でローンの借り入れをすることは不可能ではないですが、その場合は小口の融資になります。

信頼性の高い企業や個人だと認められたら、外国の銀行なら問題なくお金を貸してくれるでしょうけれど、日本では担保の有無のほうが重要です。

無担保で融資を行うと、貸し倒れリスクがとても大きなものになりますので、金融会社はどうしても担保が必要になるわけです。