どのクレジットカード会社に申込みをした場合でも、カード発行には申込み内容に基づく審査がありますが、それはなぜでしょう。

クレジットカードの所持率が高くなっている背景には、ネットショッピングにはクレジットカード決済が便利なことがあります。

クレジットカードを新規に発行してもらうためには、まずはクレジットカード会社に申し込んで審査を受けます。

クレジットカードの審査は、それほど大した内容ではないだろうと考えている人もいます。

クレジットカードの中には、年会費や手数料を必要としないタイプもありますが、そういうカードの審査は難しくないだろうと考える人もいます。

ですが、クレジットカード会社の審査は現実的に存在しており、年会費の有無にかかわらず、一定の基準で審査をしています。

審査に通るための条件ははっきりと定められていて、条件をクリアできない人は、クレジットカードが発行されません。

クレジットカードの審査では、年収や、家族構成、持ち家の有無、過去のキャッシング利用歴などを分析します。

これまで返済を滞らせたことがある人や、破産経験がある人、多情債務状態にある人は、審査で断られてしまうこともあります。

どこまで審査をクリアにするかは、クレジットカード会社のスタンスにもよりますので、ここまであれば大丈夫ということはありません。

と大まかな目安として、信販会社のクレジットカードは通りやすく、銀行系のクレジットカードは審査が難しいようです。

新たな顧客を獲得するために、キャンペーンを開催している間は、一時的に審査基準を引き下げているようなクレジットカードもありますので、チャンスを狙ってみてください。